Reno Repo Logo
ホテルは 宿泊ホテルは、サーカスサーカス。30階程の建物です。
周辺にも、大きなホテルが建ち並んで居ます。
Renoはカジノの街です。
ロビーに入るなり、スロットマシンが目に飛び込んで来ます。
部屋もデカイ!ツインルームですが、日本のそれと比べると2倍程の大きさでしょうか??
早速、撮影した画像をPCで、チェックすると?????
ひどい陽炎で、メラメラです。”何じゃコリャー!!”。明日からの撮影方法を考えねば。

まあ、とりあえず、夕食へ。ツアーの皆さんと、ホテルにほど近いレストランへ。
ベトナム料理と聞きましたが、内容は殆ど、中華と同じ?????
日本人の味覚に合う味付けですね。ベトナムビールを、1本飲み干し、いい気分!
ベテラン氏に、ホテル内の事や、レースの事を色々と教えて頂きました。

ホテルに帰って、レース観戦前のミーティングに参加。既にReno入りしているプロ氏より、今年の見所、注目の機体などのレクチャーを受け、とりあえず、就寝。
家を出発して33時間(だったかな??)、長い一日が終わります。
(朝まで、爆睡!!!!!!!zzzzzzzzzz!!!!!!)
Photo046 Photo047 Photo048
Photo049 Photo050 Photo051
スピーディーなマニューバで、釘付け!
ホテル内の環境等
電圧は120V、コンセント形状は、日本の物がそのまま使えました。
コンセントの数は2つ程度しか使用できませんので延長ケーブル等は必要だと思います。
日本国内で現在、販売されているPCや、デジカメの充電器等はそのまま使用できると思います。(あくまでも自己責任でご使用下さい。)
アメリカではごく普通なんでしょうけど、食べ物の料が多いです。(質は別??・失礼)
例えば、朝食でオーダーしたハムエッグのハムは直径が20cm厚み1cm(しかも骨付き)、コーヒーも日本のラージサイズが向こうではスモールサイズです。
また、ホテル内、売店で売っているパンも、日本のサイズより1サイズ大きいです。しかもメチャメチャ甘い。(Shin1は甘い物チョット苦手なんです。)
これをガツガツ食べているからアメリカ人はでかいんですね!。
Renoの治安は比較的、安全だと思います。(夜の暗いところや、朝、道端で寝ている人を見るとチョット怖いですが。)
過信は禁物ですので、くれぐれも危険そうな所には近づかない様に。
Renoは、カジノの街ですが、結局スロットマシンも触らなかったです。
日本にいてもパチンコしないから、別に気にならなかったです。