Reno Repo Logo
ロサンジェルス観光 市内観光のオプションは何も考えていなかったので、確認してもらったところ、現地のツアー会社があると言うことで内容を確認して早速、予約。
これまた、僕たち夫婦だけか?ほかに客が居るのか分からない状態です。
7時間のツアーで一人$75は安いのかな??
ロビーで待っていると、次々と日本人ツアーが出発します。
ロビーに人がいなくなった頃、日本人ガイドが、迎えに来てくれました。
今日の天気は雨。(殆ど雨の降らないロスではめずらしく、当り日だと言われました。)
僕たち夫婦と一人旅の男女一人づつを乗せ、市内観光はスタートしました。
一応コースは決まっている物の、雨が降っていたので、空模様を眺めながらの観光になりました。
お約束の様に、チャイニーズシアター・ビバリーヒルズ・ハリウッドと回っていきます。
市内のあちこちが過去の映画の撮影場所になっていて、通りには案内看板が立っています。ここは、ターミネーターで使われたトンネルとか。ボディーガードで、ホイットニーが住んでいた家とか。

普段は、何処かのホテルのロビーにおかれているチャップリンの像が近くに置いてあるというので、見に行く事にしました。一人ずつ、チャップリンと座って記念撮影です。たぶん、一般ツアーでは知らないでしょうと、言っていました。チョット得した気分です。

さすが、映画の街です。いつでも、ロケを行っている場所をあちこちで見かけます。

当然、ハリウッドでは、有名スターの家があちこちに見られます。
”ここが門で、この先に見える邸宅がマドンナ邸です。”とか、”内装工事をしているので、そばまで行けませんが、そこが、レオナルド・デカプリオの邸宅です。”とか。
どの邸宅も、門から遙か彼方に家らしき物が見えます。それも、絶壁の上に柱が立っている、空中に浮いているような家ばかり。ナンジャコリャー!!!!!
アメリカの金持ちは、自分の住んでいる街を見下ろすところに家を構え、街を見下ろすのがステイタスらしいです。
もう、日本人プレイヤーは居ませんが、ドジャー球場にも行きました。
街を見下ろす丘の上に、立てられた球場は眺めも良く、気持ちのいい場所でした。
午後は、サンタモニカに行き、ロスとは違った、町並みを見てきました。
この頃には天気も回復し、砂漠の厳しい太陽の光が市内を照らします。
ここでも、何やら映画のロケが行われているみたいで、立ち止まって見ていると、スタッフが何やら、言ってます。ガイドさんに聞くと、”カメラが回っているから立ち止まらないでくれ”と、言っているよと教えてくれました。
ツアーも終了、ホテルに戻ります。
Photo101 Photo102 Photo103