Reno Repo Logo
迎えが来ない いよいよ、日本に帰国する朝が来ました。
空港への送迎係員が9時30分に来るはずなんです。ケド!
ロビーで待っていても、係員が来ません??(ナンデ??)
国際便だから遅れると、大変なんですが!!!!!(嫁と二人・半ベソ)
ここまで来て、日本に帰れないの??????????
とりあえず、トラブルがあったら掛けてくれと言われた電話番号を近くにあった公衆電話から掛けてみます。コールはしているようですが、しばらくすると、無音。無音。無音。
(ドット、背中に冷たい汗が!!!!!)*日本に、帰れない!!!!!
時間はドンドン進んで行きます。(ドギマギ!!ドギマギ!!)
フロントを見ても、日本人スタッフが居ない。(昨日の不安が的中か??)
ロビーを見れば、国際日本人らしい人がソファーに座っています。
”日本の方ですか??”
「はい、なにか??」。いやな顔せず、返事をしてくれた。
わらにもすがる思いで、
”空港へのピックアップが来ないんです。トラブル時のヘルプデスクに電話を掛けるのですが、繋がらないんです。チョット見ていただけませんか??”
ツアー会社にもらった、メモ紙を見せる。と、しばらく眺めていて、
「じゃあ、電話を掛けてみましょう。これがフリーコールみたいですよ。」
と言いながらダイヤルしています。なかなか繋がらないようで、何度かダイヤルし直しています。
ようやく繋がって、何か英語でしゃべっています。
電話を切り、内容を教えてくれました。
「出迎え担当は”○○と言う名前で、迎えに出ているはずだ”と、言われたヨ。タクシーで行った方が早いんじゃないか??」と、言ってくれました。
説明が終わると同時に、ロビーの出口でピックアップを待っていた嫁が、”迎え来たヨー!”(ホットした顔)
係員も遅れたのは分かっているらしく、あわてて車を入れてきたとの事です。
お手数を掛けた国際日本人に、丁重にお礼をして、名前を伺いましたが、そこは日本人ですね。
「ヨカッタですね。お気を付けて帰国して下さい。」
と言われ、お名前を伺うことは出来ませんでした。
時間を同じくして、リムジンが入ってきたので、たぶんその人の車だと思いますが、会社名を知るよしもなく、空港に向かいました。
遅れたカレは、時間を気にしながら、フリーウェイをかっ飛ばします。早いときは100MPH程出ていたでしょうか??(飛ばしてもいいけど事故るなよ!!一生帰れなくなるんだから!!)
Photo110 Photo111 Photo112
Photo113 Photo114 Photo115
Photo116 Photo117 Photo118